車コーティングの前にやることチェックリスト
ホーム > > 雇用契約書にサインしてから不備に気付いた場合

雇用契約書にサインしてから不備に気付いた場合

雇用契約書の内容を確実に記載したと思い込み、サインをした後に不備に気付いた場合でも、直ぐに無効にすることはできません。例え、日付の記載がなかったとしても、会社との間で契約締結日がこの日であったことを証明すれば修正が可能になると考えられます。もし、契約書に記載された内容が一部無効になった場合でも契約全体が無効になっている訳ではありません。雇用契約書にサインしてから不備に気付いた場合には会社にその旨を伝え、修正を依頼するといいでしょう。

0円のネットDL雇用契約書で会社倒産